保険見直し

保険のまめ知識記事一覧

遺族年金も変わります。子どものいる夫ももらえる

家族に不幸があった場合に、保険見直しは必ず必要になります。あらゆるパターンを考慮し、さいてきな保険を選ぶためには、遺族年金は大きな要素です。遺族基礎年金の改正(平成26年4月実施予定)が行われます。遺族基礎年金が父子家庭へも支給遺族基礎年金を受給できるのは「子供のいる妻」か「子供」に限られて現在、夫...

≫続きを読む

主人の急な死亡時は、一時的に預貯金等が使えない

万が一ご主人が亡くなった場合、大抵急なことになりますが、貯金等は凍結されます。死亡した途端に財産は遺産へと変わるため、遺産分配の手続きが必要になるため凍結となります。そうなると葬式費用やその他生活費などが困る場合も出てくるわけです。これ意外と知られていません。死亡については不謹慎だと考えられれていま...

≫続きを読む

保険見直しの前の基礎知識

保険の見直しの前に、税金や、年金などの基礎知識があると、FPの説明も早く理解できます。特に年金の受給資格、払込状況によって、保険の必要額も変動します。自身の年金、貯蓄、加入保険の確認が見直し前には重要です。

≫続きを読む

保険見直し クレーム特集

保険見直し クレーム特集と題しまして、よくあるクレームを集めました。中立じゃなかった・・・これは店舗型でよくあるクレームです。ほけんの○○などは、主にソニー生命を勧めてきます。ソニー生命の商品販売において、代理店でNO1の実勢があります。ただlこれだけで癒着とは言えませんが、ひいきめなのは否めません...

≫続きを読む

保険の標準利率 4月以降引き下げ

標準利率とは?生命保険会社が契約者に約束する運用利回り(予定利率)の目安としている利率のことをいいます。標準利率は、毎年9月を基準に新発10年国債の過去3年間の平均利回りなどを基に金融庁が算出することになっており、2012年9月4日にあった国債の入札結果を受け、標準利率の引き下げが決定しました。1・...

≫続きを読む

保険の用語

終身保険一生涯保障が続く保険。払込期間は選択できます。更新がないので、保険料が高額になって払えなく心配が少ない保険です。解約返戻金積立型の保険を解約したときに戻ってくるお金です。戻ってくるお金の利率は、解約返礼率と言います。低解約返戻金型解約返戻金が少なく設定代わりに、保険の条件が良くなっています。...

≫続きを読む

リビングニーズ特約 秘密

医師から余命6ヶ月の宣告を受けた場合、加入してしている保険の死亡保障の一部を受け取ることができます。誰のための保険かを考えた場合、子どもの大きくなり、そこまで家族にお金を残さなくていいのであれば、せっかく自分が払った保険を生きているうちに楽しんで使ってしまおうということができます。この特約は無料でつ...

≫続きを読む

見直し窓口でパッケージ型から単品への掛け替えを勧められる理由

保険を選ぶにあたって、永遠のテーマとも言われるのが複数ある保障をオールインワンのパッケージにするか、それぞれの単品に分けるか、という選択です。保険見直しではパッケージ型を単品にバラして提案されることが多いのですが、これはいったいナゼでしょうか?その理由を解説しましょう。・最大のメリットは、窓口が1つ...

≫続きを読む

暫定の保険見直しサイトランキング (実際に保険相談した結果です)

しつこい勧誘には、管理会社へストップコール、直接話さなくてもOKです。
保険マンモス(老舗です)
保険見直しランキング4位 みんなの生命保険アドバイザーこちらも5000円券もらえる
保険見直しランキング5位 ほけんの窓口(社長が騒がしてランクダウン)
保険見直しが必要な方
・加入して3年以上、他の商品と比較していない方 ・結婚する方、離婚する方 ・子供が自立する年齢の方 ・まだ小さいお子さんがいる方 ・自分や親の老後が心配な方