保険見直し

保険の節約方法 節約見直し記事一覧

生命保険の料率が必ずしも高いとは限らない

保険料の節約をするには、保険会社から受けるサービスを出来るだけ減らすのが鉄則です。例えば、積立型や貯蓄型の保険などは預け入れたお金が定期預金のような扱いになって殖えていく仕組みになっていますが、ここでどれだけ殖えるのかを決めるのが保険料率です。保険は決して万能ではなく、料率によっては保険以外の商品に...

≫続きを読む

この際、医療保障をカットして貯金で備える発想の転換

医療費が大きくなりがちな病気の治療に備えるため、生命保険に医療保障を付けることが常識になっています。同じ保険に付帯する場合以外にも、単体の医療保険として加入する人も多数います。あるモデルケースで医療保障をカットした分、そのお金を運用したらどうなるか?という面白い試算があるのでご紹介しましょう。・月額...

≫続きを読む

保険料を節約する前にすることありませんか? ケータイ編

保険の見直しが流行っているので、見直しによって少しでも保険料を節約したいという人が連日窓口に押し寄せています。毎月の固定費なので少しでも安くしたいという気持ちは良く分かるのですが、そんな人に限ってもっとムダに出費しているところに目が行き届いていないことがあります。その中でもとりわけよく見られるのがケ...

≫続きを読む

保険料を節約する前にすることありませんか? 光熱費編

血眼になって保険料を節約するよりも簡単で大きな節約効果が見込めるものとして携帯電話の料金について触れましたが、今回は光熱費です。こちらもムダなものを支払っているケースが実に多いので検証してみましょう。・オール電化住宅の方は確認必須!時間帯別電気料金最近多くなったオール電化住宅には、オール電化専用の料...

≫続きを読む

よくある保険のムダ「医療保険とガン保険の重複」

保険の節約を考える時に、保障の一部を削るという発想も良いのですが、それと同時に重複した保障を見直してスッキリさせるという発想も必要です。そこで保険の節約で意外に見落としがちな保障の重複に注目して、色々な視点から無駄をカットしてみましょう。・最近の医療保障は3大疾病をカバーしている依然として高いガンの...

≫続きを読む

昔の保険は「お宝保険」と言うけれど、それってどういう保険のこと?

保険料を節約するために見直しをする人が多くなりましたが、その時によく言われるのが「料率が高い頃の保険を解約するのはもったいない」というものです。何となく「昔の保険は有利」という感じで理解している人は多いと思うのですが、「お宝保険」と呼ばれるこうした保険がどういうものなのか、正確に理解している人は少な...

≫続きを読む

最近よく聞く「独立系FP」ってナニ? 前編

保険料を節約したいという目的で保険の見直しサービスを利用する人は多いと思います。その時によく出てくるキーワードに「独立系FP」があります。FPとはファイナンシャルプランナーのことというのは比較的知られていると思いますが、独立系というのがピンと来ないという声をよく耳にします。独立系FPとは何なのか、独...

≫続きを読む

最近よく聞く「独立系FP」ってナニ? 後編

FPは資格を取らなければ就くことができない職業です。そのためFPの資格を持っている人は一定以上の知識を持っていることが確約されています。だからこそ何でも相談できる・・・と言いたいところなのですが、そのFPがどういう立場の人かによって結果に違いが出てきます。・保険会社と紐付きになっているFPがいる特定...

≫続きを読む

保険の節約に価格比較サイトって使えるの?

ネット上には実に多彩なサービスがありますが、安い商品を探したい時に便利なのが価格比較サイトです。同じ商品を売っているお店がズラッと表示されて価格が安い順に並ぶので、同じ商品を買うのであってもどこから買うのが一番おトクなのかが一目瞭然です。当初はパソコンやデジタルカメラなどの価格比較をするためのサイト...

≫続きを読む

貯金で保険料を節約する

保険というのは何か突発的な事情で、お金の入り用が発生した時にカバーしてくれるものなので、極端に言えば全くお金に困らないような収入の人は保険も必要ありません(そんな人に限って手厚い保険に入っているのですが)。さすがに一般人でそこまで保険は不要と言い切るのは難しいので、手持ちの貯金でどこまで保険を節約で...

≫続きを読む

暫定の保険見直しサイトランキング (実際に保険相談した結果です)

しつこい勧誘には、管理会社へストップコール、直接話さなくてもOKです。
保険マンモス(老舗です)
保険見直しランキング4位 みんなの生命保険アドバイザーこちらも5000円券もらえる
保険見直しランキング5位 ほけんの窓口(社長が騒がしてランクダウン)
保険見直しが必要な方
・加入して3年以上、他の商品と比較していない方 ・結婚する方、離婚する方 ・子供が自立する年齢の方 ・まだ小さいお子さんがいる方 ・自分や親の老後が心配な方