保険見直し

御主人が50代の家庭の保険の見直し方法

保険の見直し前のチェックをしましょう。
50代と一言で言っても、家族構成や健康状況によって違います。

 

まずはご自身のどこをチェックばすればいいのか考えます。

 

  • 子どもの年齢、進路
  • 奥さんの年齢、職業
  • 貯蓄額
  • 持病
  • 退職金
  • 年金
  • 老後の生活水準
  • 住居費

 

お子さんはおいくつですか?

子どもの年齢をチェックする理由は、子供がいつ成人するのかが一つの目安になるからです。
幼稚園から大学受験までの養育費、教育費は2000万〜4000万はかかると言われています。

 

現在お子さんが中学生なのか、高校生なのか、
また進路は公立なのか、私立なのかで授業料も違いますし、行く学校が自宅から通えるのか、
寮やマンションに住むのかでも経費は大きな違いが生まれます。

 

つまり、お子様の年齢から、一体いつどのくらいのお金が必要かチェックしておくことが大切なポイントとなります。
そして、その算出が出来れば、学資保険がいいのか、終身保険がいいのか、そこを相談すればいいわけです。

 

奥様の年齢はいくつですか?

奥様の年齢チェックの必要性は、ご主人に万が一のことがあったときに、残される奥様の生活状況によって、必要なお金が変わってくるからです。

 

仕事している場合、それは継続性の高い仕事でしょうか?
奥様が働いているうちの生活は安泰でしょうか?

 

奥様の加入保険の保証は十分でしょうか?

 

奥様、お子様の生活を守れるだけの保険は十分にありますか?

 

預貯金はいくらありますか?

預貯金が十分にある家庭は、極端にいうと保険加入の必要はありません。
万が一の時は蓄えでなんとかなるからです。

 

しかし、税金を考えると、保険控除は使いたいところです。

預貯金がたくさんあるのであれば、高額な保障は必要がないので、最低限の保障を考えるか、運用率の高い、リターンの多い保険を選ぶ方法も一つです。保険控除を使いながら、貯蓄額、利率の高い保険に加入することで上手な資産運用が可能です。

 

持病がある、ガン家系、病気リスクを考える

がん家系の生まれですか?
持病はお持ちですか?
お酒、たばこは吸いますか?

 

健康な状態でないと保険は入れないことが多いですし、加入できても保険料が高額になります。

 

保険はそのようなリスクを考慮しながら、早めの加入が保険料も安く、入りやすいのでお得です。

 

退職金は確実ですか?

預貯金と同じことが言えますが、退職後にいくら残るのかは保険におおきな影響があります。

 

年金はもらえるの?

年金はそのシステムがすでに破たんしているという方も多くいます。
国とって年金が払えないことも一大事ですが、年金がもらえないのではないかという国への不信感から、年金を納付しない人が急増することも国とっては大きな問題です。不景気、就職難、無職の増加など年金の未回収が増える要素はたくさんあります。

 

実際、年金は常識的に考えるともらえない、支給額が極端に減額されるという可能性は大いにあります。

 

当てにならない年金、老後を考えると払えるうちに保険に加入し、資金確保は備えとして必須なのかもしれませんね。

 

老後にどんな暮らしをしているのか?生活費は?

老後に自分自身がどれくらいの生活水準で暮らしているか、またどれくらいを希望するのかも考えておきましょう。
いずれ自分自身の介護が必要になるかもしれません。
年金がもらえないかもしれません。

 

インフレになって、お金の価値がなくなるかもしれません。

 

家は持ち家なのでしょうか?賃貸なのでしょうか?
一体自分はいつまで生きるのでしょうか?

 

準備は色々必要です。

 

 

 

 

 

 

暫定の保険見直しサイトランキング (実際に保険相談した結果です)

しつこい勧誘には、管理会社へストップコール、直接話さなくてもOKです。
保険マンモス(老舗です)
保険見直しランキング4位 みんなの生命保険アドバイザーこちらも5000円券もらえる
保険見直しランキング5位 ほけんの窓口(社長が騒がしてランクダウン)
保険見直しが必要な方
・加入して3年以上、他の商品と比較していない方 ・結婚する方、離婚する方 ・子供が自立する年齢の方 ・まだ小さいお子さんがいる方 ・自分や親の老後が心配な方