保険見直し

マネモで保険の見直し相談

 

担当FP : 40代の独立系ファイナンシャルプランナー

 

相談内容 : 医療保険と他に必要な保険の選び方

 

マネモの特徴

ショップ数 258店舗

 

FPによる訪問見直しも可能です。

 

FP:ファイナンシャルプランナー
資産運用、保険など金融の国家資格を持つ者
ライフプランの設計も行ってくれる。

 

提携会社
保険見直し本舗、保険クリニック、保険テラス、みつばちファーム、HUNELinc
保険のクリニック、保険貯蓄ナビ、保険選びCOM、保険123COM、WIN

 

全国対応 他店比べ、契約FPが多い

 

医療保険の見直し

保険の見直し
医療保険と言うものは、一番保険会社としては利益の出る商品と言えます。

 

その理由は、支払いの確率が一番少ないからです。
自分の身の回りで考えてみると、友人、知人、家族でどれだけの人が入院しているでしょうか。
大けが、事故で通院している人も含めて考えてみましょう。

 

同時に3人もいるなんてことは皆無に等しくないでしょうか。

 

ということは、医療保険はもしもの時はなくては困る保険ですが、
絶対に必要、また高額な保証が必要とは言えない保険ということが言えます。

 

貯蓄があって、それで賄える人はこの保険はいらないと言っても過言ではありません。

 

担当FPによると、今はこういう方が多いそうです。

 

・医療保険に随分前に加入して、それから一度も見直していない。
・月に5000円ほどの支払いだからあまり気にしていない
・どこも同じようなものだと思っている。

 

実は管理人もこの中の一人でした。

 

結論としては、医療保険は、日額10000円、特約は先進医療だけ付けて最低限のものでいいとのことでした。

 

FPは、保険の候補を3点ほどは提示してくれます。
保険会社によって、若干の保証が違うからです。その3つに関しては優劣を付けがたいもので、
違いは以下の点にあります。

 

・通院の保証があるのか

 

・給付金の額

 

・保証される病気の種類

 

がん特約を付けるかどうかは、個人のがんリスクによって違うので、心配な人は、特約でいいのか、がん保険単体に加入すればいいのかを相談しましょう。

 

おススメの医療保険  オリックスのCURE、アフラック新EVER、アリコのやさしく備える医療保険

 

死亡保障について

 

死亡した場合の保証を考えました。

 

チェックポイント
・いつ死亡するのか?

 

・整理資金は持っているのか?

 

・残される家族はいるのか?

 

・借金などは残るのか?

 

いつ死んでしまうかは分からないのですが、どこかの時点で死んだ場合に残るリスクを考えます。

 

整理資金(お葬式代など)がないために親類に迷惑をかけてしまわないか?
残される家族がいる場合は、生活費、教育費は十分にあるのか?
借金は残っていないか?

 

これらのリスクがある方は、終身タイプの生命保険の加入を検討した方がいいとのことです。

 

加入のポイント

 

・病気になる前に入らないと加入できない

 

・年齢の若いうちが当然保険料は安い

 

あまり心配し過ぎてもどうかとは思いますが、いずれ結婚予定があって貯蓄もあまりなく、
家族の心配をするのであれば早めの加入がお得ということでした。

 

死亡保障のポイント

 

・介護保険などの移行できるものもある。
・解約の返戻率で考える。
・安いものを選ぶのか、保証、条件で選ぶのか。

 

マネモには、生保険、火災保険、自動車保険もすべて扱いがある。

 

おすすめ度
ランキング2位

 

 

暫定の保険見直しサイトランキング (実際に保険相談した結果です)

しつこい勧誘には、管理会社へストップコール、直接話さなくてもOKです。
保険マンモス(老舗です)
保険見直しランキング4位 みんなの生命保険アドバイザーこちらも5000円券もらえる
保険見直しランキング5位 ほけんの窓口(社長が騒がしてランクダウン)
保険見直しが必要な方
・加入して3年以上、他の商品と比較していない方 ・結婚する方、離婚する方 ・子供が自立する年齢の方 ・まだ小さいお子さんがいる方 ・自分や親の老後が心配な方