保険見直し

40代が一番保険の見直しが必要です

医療保険と死亡保障の両方が必要です。

 

40代の保険の見直しポイント

  • 死亡保障と医療保険のバランスを考える。
  • 病気リスクが高くなる40代は、健康チェックも必須。
  • 特定疾病の心配をする。

 

考慮すべきポイント
  • 家族構成
  • 年収
  • 貯蓄額
  • 子どもの養育費
  • 勤務先の将来
  • 両親の状況
  • 住宅ローン
  • 年金
  • 将来の自分たちの介護費用

 

ご主人が無くなった時にいくらのお金が必要になるのか?

 

5年以内に倒産する会社は全体の85%、10年以内であれば95%が倒産している事実。

 

40代は一番考えることが多い時期
40台になるとほぼ既婚者であることが多いです。
そのため、配偶者、子供への心配が多くなり、配偶者は夫婦二人のことよりも子どもの将来や進路について悩みが増えます。
そろそろ両親も高齢になり、介護は必要なのか、住居はどうすればいいかなど、家族全体を考える時期でもあります。

 

そして、40代は以前に加入した保険を見直すことが多くなる時期です。

 

保険は本来3年に一度位は見直す必要があります。

 

それは保険業界が加入者から預かったお金を色々な投資をして運用しているからで、
現代のような世界情勢が目まぐるしく変わる世の中では、金融業界も日々大きな変化を余儀なくされます。

 

運用先が変われば商品の見直しが必要ですし、社会求める保険商品ニーズも変わります。
保険会社はライバル社にはない商品を後出しじゃんけんのように改良して販売するため、その都度見直しは必要です。。

 

このような背景から自分に合った保険を日々メンテナンスする必要があるわけです。

 

あなたの年収は?

年収によってはかけられる保険料に限界があるでしょう。
まずは保険に回せる金額を算出します。
住宅を購入された方であれば分かると思いますが、欲しい家を見に行って見積もりを出す段階では、
当初予定した住宅よりあれもこれも削って、予算内に収まるようにしなければいけません。

 

理想は理想、ここで厳しい現実を知ることになります。

 

保険も同じで心配しだすときりがありませんし、まずは予算を考えて次の段階へいきます。

 

貯蓄額はいくらありますか?

あなたの貯蓄がいくらあるかは大きなポイントです。
保険は本来万が一に備えてなので、基本的にお金に心配のない方は入る必要がありません。

 

いざという時にお金がない、足りないという時に保険は必要なので、大きな貯蓄があればいらないのですが、保険控除という節税を考えると加入は便利になります。

 

  • 自分には十分な貯蓄がある
  • 自分には十分な貯蓄がない

 

どちらでしょうか?

 

そして、十分な貯蓄はいくらか?
ここで問題なのが、十分な貯蓄はいくらなのか、一体いつお金がいくら必要になるかということです。

 

一体いつお金がいくら必要になるか?

まずはお子様の学費の算出からしましょう。

 

  • 子どもがいつ成人になるか?
  • 学費はいついくら必要か?

 

ご主人が亡くなった時にいくら必要か?
妻と子供の生活費を何通りかのシュミレーションをすることは必須です。

 

住宅ローンの残額がいくら残るかよっても検討する材料は増えます。

 

年金、遺族年金はいくら?本当にもらえる?

年金、遺族年金は計算に入っていると思いますが、これも国の情勢ひとつで減額される可能性は高いです。
年金制度は崩壊していると言っている識者もいるくらいですから、完全に当てにならないことは間違いなさそうです。

 

こうなると自分年金に加入するか、貯蓄をするしかなさそうです。

 

医療保険を考える

 

  • がんなどの特定疾病に対する備え
  • 通常の入院、治療に対する備え

 

がん、脳卒中、心筋梗塞が3大疾病です、
全てを挙げると7大疾病があり、ガン、心疾患、脳卒中、高血圧性疾患、糖尿病、肝硬変、慢性腎不全があります。

 

通常の入院、治療に対する備え

入院に必要なお金は、日額5000円程度と言われています。治療費は大体これで賄えますが、交通費、休職中の生活費、差額ベッド代は、日額1000円ないと厳しいです。

 

最近の病院は通院治療をさせる

最近では国の負担する医療費が高騰し、病院への影響もだ初めており、病院側が安易に入院させない仕組みになりつつあります。
通院ということであれば保険が出ない場合が多く、入院日数も減ることから、当然保険金も減額ということになります。

 

ここで通院治療に対しての備えをどうするかが問題であり、通院にも対応する商品も出てきています。

 

医療保険の注意点

金額はもちろんのこと、適用範囲が一番のポイントになります。
保険が下りる場合という見方ではなく、下りない場合はいつ?困るのはどんな時?
これが医療保険を選ぶ場合の見方ですから、ここをFPにしっかりと確認しましょう。

 

3大疾病など特定の病気に対する備え

  • 特約で入るか、単体の保険に入るか?
  • 先進医療は必須。

 

40代になれば特定疾病の心配も大きくなります。
喫煙者なのかどうかでも、病気リスクは変わりますし、保険料も変わります。

 

自分の家系の病気の傾向も要チェックです。

 

特定疾病の保険は細かく約款が決められているので、他の保険以上に綿密な相談が必要な保険にあります。

 

先進医療の注意点

先進医療はどこでも受けることができません。出来ない病院の方が多いと考えましょう。
住所の近くの病院を下調べすることも必要です。

 

近くになければ交通費やそれなりのコストがかかります。ここも要チェックです。

 

まとめ

  • 医療保険の日額、通院はどうするか検討
  • 特定疾病のリスク、必要性を検討
  • いつ亡くなっても心配ない保険の設計が必要

 

相談してよかったこと

  • 必要以上な保険料をカットできた。
  • 大幅な保障が得られた。
  • 利率のいい保険に入っている場合があって、そこはキープしつつ保険を組み立てる事も可能。
  • 数年間の安心が出来、悩みが少し減った。

暫定の保険見直しサイトランキング (実際に保険相談した結果です)

しつこい勧誘には、管理会社へストップコール、直接話さなくてもOKです。
保険マンモス(老舗です)
保険見直しランキング4位 みんなの生命保険アドバイザーこちらも5000円券もらえる
保険見直しランキング5位 ほけんの窓口(社長が騒がしてランクダウン)
保険見直しが必要な方
・加入して3年以上、他の商品と比較していない方 ・結婚する方、離婚する方 ・子供が自立する年齢の方 ・まだ小さいお子さんがいる方 ・自分や親の老後が心配な方