保険見直し

生命保険の形はこの3つになります。

数多くのFPさんに見直しの説明をうけましたが、その中でも上手だった説明で分かったことです。

 

極論、生命保険はこの3つです。

 

相談者の見直し例

30歳男性 60歳払込 月額3万円の保険料 (一世帯の平均は4万と言われています。)

 

生涯で払う保険料は 総額 1080万  住宅の次に高い買い物です。 

 

万が一、死亡した場合にそれぞれどのような保障があるか見てみましょう。

 

1、定期保険

30歳〜60歳までの保障  1億円

 

満了期間は60歳で、支払総額は1080万円になります。

 

60才以降の保障がないのが不安です。

 

いわゆる掛け捨て保険で、保障額は大きく、保険料は安いのが特徴です。

 

2、養老保険

30歳〜60歳までの保障  1150万円

 

満了期間は60歳で、支払総額は1080万円になります。

 

こちらも60才以降の保障がないのが不安ですが、貯蓄型なので満期が来た場合、
1080万 → 1150万 になります。

 

60歳で保障は切れるのですが、お金はもらえます。

 

3、終身保険

30歳〜60歳までの保障  1080万円

 

支払総額は60歳までで1080万円になります。

 

60歳、65歳、70歳で払込か、終身払いにするかで利率が変動します。

 

解約すれば保障は切れますが、解約しない場合は、60歳払い込みであれば、その年齢を過ぎた時から、解約返戻金が払った額より多く返金されます。

 

70歳でも生きている場合は、保険金をかけた金額より100万以上多く戻ります。

 

このように保障は一生続く、そし貯蓄、または増えるというのが、終身保険の魅力です。

 

上記の3つのタイプがあることを踏まえて保険を考えていきましょう。

暫定の保険見直しサイトランキング (実際に保険相談した結果です)

しつこい勧誘には、管理会社へストップコール、直接話さなくてもOKです。
保険マンモス(老舗です)
保険見直しランキング4位 みんなの生命保険アドバイザーこちらも5000円券もらえる
保険見直しランキング5位 ほけんの窓口(社長が騒がしてランクダウン)
保険見直しが必要な方
・加入して3年以上、他の商品と比較していない方 ・結婚する方、離婚する方 ・子供が自立する年齢の方 ・まだ小さいお子さんがいる方 ・自分や親の老後が心配な方