保険見直し

投資や貯蓄で考える人も多い ここも見直そう

最近の若い人で投資代わりに保険を利用している人がいるようです。
投資というと外国為替や株のイメージが強いのですが、実は生命保険は、みなさんが払ったお金を運用してそこで設けたお金から利息として払っているんです。

 

お客さんに払う利率が高い保険と安い保険があるのは、運用する方法や投資先が違うからです。
利率のいいものは比較的リスクのあるものに投資するため、最低限の保障はあるものの変動するわけです。投資する先は、国際や不動産、株などです。

 

保険なのに投資?と思う方もいますが、保険の利率の高い商品は、運用次第で利益が出る時があり、その時に手続きすればお金がもらえます。つまり利益が出るわけです。これは自分自身で手続する必要がありますが、株の初心者にすればいい練習になり、それでいて堅い投資になるので、それを利用する若者がいるわけです。

 

生命保険には、標準利率というものがあって、現在は1.5%になっています。バブル期では5.5%あった時代もあり、その時入った保険であればお宝保険でお金がかなり増えたわけです。

 

2013年4月以降には、またの利率が下がり1%になります。

 

保険会社の仕組みは、預かった保険料を運用し、設けたお金で利率分のお金を払います。
私達からすれば70万あずけて、一定期間の後、100万にして受け取ります。一定期間まで預かって運用することで保険会社は利益を得るわけです。

 

現在の1.5%だと70万円が100万円になります。

 

しかし、1%だと90万円預けて100万円になるということになりますので、0.5%というのは非常に大きいのです。

 

貯蓄の場合

投資する方がいる一方、貯蓄と考えて保険に加入する方もいます。
銀行に預けても0.01%程度の利息しか付かないのであれば、お金に不足する心配がなければ一定の期間保険をかけておこうというものです。

 

学資保険の代わりに積立てていき、子供が進学する時期に解約してお金を受け取ります。
低解約返戻金の商品であれば受け取る時期にちょうど増えている計算になります。

 

3月までなら1.75%の商品もあるそうですから、眠らせているお金がある人は、FPに相談してみましょう。

 

暫定の保険見直しサイトランキング (実際に保険相談した結果です)

しつこい勧誘には、管理会社へストップコール、直接話さなくてもOKです。
保険マンモス(老舗です)
保険見直しランキング4位 みんなの生命保険アドバイザーこちらも5000円券もらえる
保険見直しランキング5位 ほけんの窓口(社長が騒がしてランクダウン)
保険見直しが必要な方
・加入して3年以上、他の商品と比較していない方 ・結婚する方、離婚する方 ・子供が自立する年齢の方 ・まだ小さいお子さんがいる方 ・自分や親の老後が心配な方