保険見直し

保険の標準利率引き下げ

2013年4月に標準利率引き下げが行われました。

 

標準利というのは、保険会社が保険を売って得たお金を運用するときの利率です。
保険会社は、その運用先に国債など堅い投資を行います。

 

保険料の運用は、国の金利と相関があり、低金利だと保険の利率も低いわけです。
つまり、あまりリターンが少ない。

 

逆に高金利時代にに加入した保険などは、お宝保険と呼ばれ、解約は絶対してはいけない保険です。

 

保険会社はいつか保険料の支払いが来るので、同じ利率で運用していては、破たんの恐れがあるわけです。

 

標準利率引き下げが行われると、加入者メリットが減るのですが、保険会社によって、利率を下げない商品もあります。
これらの金利の影響を受けなかった保険をFPに確認することが大事です。

 

下がらない保険が必ずしもいい商品とは言いませんが、自分の家族構成などの条件に合えば、そのような保険を探すことは大きなメリットです。

 

利率が変わらなかった保険があるのでFPに確認しましょう。

 

見直しを円滑に進めるには多少の保険知識があると便利です。
用語、仕組みがまったくわからない状態で見直しに行くと、その説明だけで時間がかかり、お互いのためになりません。

 

見直し前には、このサイトで是非多少の知識を持って行ってください。

暫定の保険見直しサイトランキング (実際に保険相談した結果です)

しつこい勧誘には、管理会社へストップコール、直接話さなくてもOKです。
保険マンモス(老舗です)
保険見直しランキング4位 みんなの生命保険アドバイザーこちらも5000円券もらえる
保険見直しランキング5位 ほけんの窓口(社長が騒がしてランクダウン)
保険見直しが必要な方
・加入して3年以上、他の商品と比較していない方 ・結婚する方、離婚する方 ・子供が自立する年齢の方 ・まだ小さいお子さんがいる方 ・自分や親の老後が心配な方